会頭挨拶

日本研究皮膚科学会 第46回年次学術大会・総会
会頭 天谷雅行
慶應義塾大学医学部皮膚科学 教授

第46回日本研究皮膚科学会学術大会を2021年12月3日-5日に開催させていただきます。COVID-19パンデミックの終息が見えていない中、会員の皆様の安全を第一に考え、国立京都国際会館をメイン会場としたハイブリッド形式で開催予定です。多くの記念講演、シンポジウム、並びにプレナリー、コンカレントセッションは、国立京都国際会館にて開催されますが、オンラインにてライブでのアクセスが可能であり、録画したものは、会期中、会期後のある一定期間アクセスが可能です。現地に来ることが困難な、講演者、発表者、座長の方々は、リモートアクセスすることもできます。

今回の学会のテーマは「FUSION」です。科学の進歩は早く、ひとつの専門領域をマスターするだけでも、相当な時間と労力が必要です。領域が専門化されればされるほど、領域間の隙間が生まれ、そこに隠された宝が眠っています。第46回日本研究皮膚科学会学術大会の場において、異なった専門家が出会い、情報交換をして、融合(FUSION)することにより、新しい研究テーマが生まれ、新しい領域が創出され、研究皮膚科学の発展に貢献することができればと思います。産学連携も促進されることを期待しています。

日本研究皮膚科学会学術大会は、全てのサイエンティフィック・プログラムだけでなく、会期中のすべてのイベントにおいて、使用する言語は英語です。日本研究皮膚科学会は日本の学会ではありますが、年次学術大会・総会は、世界に広く開かれた学術集会であり、アジア、北米、欧州をはじめ、世界中からの多くの皮膚科領域の研究者にご参加いただいています。

日本研究皮膚科学会学術大会は、米国のSociety for Investigative Dermatology、欧州のEuropean Society for Dermatological Researchの年次大会とともに、世界の研究皮膚科学領域の3大国際学会と言える規模です。2023年には、東京にて世界の皮膚研究者が一堂に集まる国際研究皮膚科学会 International Society of Investigative Dermatology (ISID)が開催予定です。

日本研究皮膚科学会学術大会では、会員の研究発表を最も大切として、提出された抄録をそれぞれの分野のエクスパートが評価し、プレナリーセッション、コンカレントセッション、ポスターセッションと分類されます。今年の谷奥喜平記念講演では、スタンフォード大学医学部皮膚科のHoward Y. Chang博士が講演されます。同博士は、米国National Academy of Medicine, およびNational Academy of Scienceの2つのアカデミー会員となった史上二人目の皮膚科医です。10人以上の世界のトップサイエンティストによる講演を集めたWorld Showcase of Investigative Dermatologyを、オンデマンドで会期中、会期後も一定期間聴講することができます。また、皮膚の研究において、世界で活躍されている日本人研究者にご講演いただくシンポジウムに加え、JDSシンポジウムやJSID-Asia-Oceania-Forumも例年通り開催予定です。

近年、日本での医学研究を取り巻く環境は、年々、厳しくなっています。特に、臨床医学領域での基礎研究については、研究費の面でも、働き方改革に伴う時間管理の面でも、厳しくなっています。日本研究皮膚科学会学術大会は、皮膚科学、皮膚の生物学の領域で研究する若い研究者のモチベーションを高め、若手皮膚科医には、physician-scientistを目指したくなる重要な場でもあります。

皆様と、現地で、あるいはスクリーンを通してお会いできるのを楽しみにしております。第46回日本研究皮膚科学会学術大会が、皆様にとって有意義な時間を提供できる場となるべく、高橋勇人事務局長、川崎洋実行委員長を始め、慶應義塾大学医学部皮膚科学教室関係者一同、精一杯準備させていただきます。皆様のご助力を賜れば幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。